社会保険労務士法人 福島中小企業労務協会

〒960-8252
福島県福島市御山字仲ノ町103-6

お電話でのお問い合わせ

お知らせ

「はじめよう」から、「実現する」へ。福島県の新スローガンです。

福島県の内堀知事は先月、東日本大震災から11年目に入った福島県の復興加速に向けた新スローガン「ひとつ、ひとつ、実現する ふくしま」を発表いたしました。
スローガンの変更は9年ぶりで、震災後の10年間の歩みを次代につなぎ、福島県を次のステージへ推し進める決意を表したものになっています。
 旧スローガンは、2012年3月11日に掲げた「ふくしまから はじめよう。」でした。震災からの10年で着実に前進はしましたが、復興はまだ道半。そのため県は、複合災害を克服して新しい社会の創造を目指すとの意志を込めた旧スローガンの理念を引き継ぎ、10年間で取り組んできた施策の継続性と実現を重視しました。
 内堀知事は
「10年を機に『はじめる』から『かなえる』へ軸足を移すことを意識した。一つ一つ実現する福島を掲げ、挑戦を重ねる」と意図を説明し、大規模な構想(イノベーション・コースト)から、県民一人一人の健康づくりなど日常的な取り組みまでを挙げ、県民一丸となって新スローガンを実践してほしい

と期待を寄せています。
 新スローガンは県クリエイティブディレクターの箭内道彦さん(郡山市)が企画・監修し、県と昨秋から協議を重ね決定しました。県のオリジナル米「福、笑い」のパッケージデザインを担当したアートディレクター寄藤文平さんが考案した7色のロゴデザインと、県内の景勝地や特産品で本県の形を表した旗印「アイランド」も併せて発表しています。
 県では、この新スローガンをより多くの人に知ってもらうため、広報隊を募集しています。特設ページから誰でも登録が可能で、登録をすると登録証を兼ねた缶バッチのほか、ポスターやマグネット、マスクなどのPRツールが送られます。申込み方法などの詳細は下記の特設サイトからご確認ください。